顧客支援

Easy to use effective economical do it yourself
  • 顧客支援
  • FAQ
FAQFAQ
弊社一液型ポリウレタンフォームは、完全硬化後-30℃から+80℃の温度で耐えることができます。一言加えて、作業可能温度は+5℃から+30℃で最適な作業温度は+20℃です。

すべての製品の製造日付は缶の底に印刷されています。 ほとんどの製品の使用期限は製造日から12ヶ月であり、例外的にワールドプラス65TYTAN65製品は18ヶ月の使用期限を有しています。 詳しい内容はホームページ製品説明を参照してください。


ワールドフォーム、TYTAN 65B2、ワールドプラス65、ワールドクリーナーなど、弊社で製造される製品のMSDSはホームページにある 技術資料室 掲示板で製品別MSDS、製品成績書、親環境成績書などの資料を閲覧およびダウンロードすることができます。


ウレタンフォームは直射日光に露出される場合、変色して腐食されます。 したがって、フォーム硬化後飛び出してきた部分を切断した後、露出される面にシリコンなどで仕上げ作業を必ず行ってください。


一液型ポリウレタンは、まだ国内にはKS規格が制定されていません。

ワールドフォームボンドを幅23cm、高さ23cm程度の厚さで噴射した場合、一缶で

3 X 8 feet規格のスチロールフォームを約68(1318m2)施工できます。 これは施工方法によって違いが生じられるし、より詳しい内容はホームページ製品説明を参照してください。

ワールドフォームボンドは一液型ウレタンフォーム接着剤で建物の内、外部の壁、屋根、天井および底にスチロールフォーム(EPS,XPS)およびボードなど各種内装材の接着に使われる製品です。しかし、サンドイッチパネルのように接着部位がPVC材質やPPPEおよびシリコン樹脂である場合には接着されません。
ワールドフォームボンドは一般フォームと違って発泡量が少なく、接着力が優れています。一般フォームをワールドフォームボンドの用途で使えば接着力が落ちる可能性があり、また発泡があるので作業する際、難しいので用途に合う製品で施工してください。

ワールドイージーAは基本フォーム噴出部に施工時、手への無理を減らすためのハンドルで構成されたアダプターが使われて難燃性能はない製品です。

ワールドプラスAはフォーム噴出部にプラスチップが付けられていて、アダプタータイプの高い密度とガンタイプの多くの発泡容量の長所を等しく備えたアダプターが使われて自己消化性がある製品です。

チタン65製品の場合、ドイツ難燃規格DIN4102に従うB2等級の認定書と国内燃焼性試験成績書があります。 ワールドプラス65は自己消化性製品で国内燃焼性試験成績書があります。これと共にワールドプラス65はデュアルタイプアダプターでも使用が可能という違いがあります。


各製品名に表記された“B1”“B2”は、ドイツ難燃規格試験方法であるDIN4102に従う難燃性等級です。 この規格に従う難燃等級にはB1B2B3があり、この中でB1が最も高い

難燃性を表します。 B2等級はB1の次の難燃等級で、火花が遮断されればそれ以上広がらない性質を持っています。


1